2016/07/14

7月1日(金) 第288回 経営者モーニングセミナー「児童養護施設等から職親として受け入れ経験から今後の課題」

進行  中村達矢会員

朝の挨拶  星武司県幹事長

会長挨拶 竹田勇貴会長



会員スピーチ 中村暢宏会員




講話
「児童養護施設等から職親として
         受け入れ経験から今後の課題」
横須賀市倫理法人会 会員 / セリエコーポレーション 代表  岡本昌宏 氏



19 歳の時とび職人になり11 年修行して、2005 年セリエ設立
同年から児童養護施設・児童相談所保護所・少年院・刑務所から職親(しょくおや)として
仕事、住まい、親代わりの3点セットで雇い入れ開始。

「日本一独立出来るとびの会社」を目指しつつ、11 年間に44 名以上の雇い入れを行うが、
就労継続率が低い為、新たな受け入れ体制を考え、NPO 法人設立準備に取り組む。

2012 年からは職業講話の依頼を受け、北海道から沖縄まで全国の少年院・刑務所で開催し、
訪問歴はこれまで36 施設、78 回になる。

また、2013 年からは、日本財団職親(しょくしん)プロジェクトにも参加している。


連絡事項  飯島義隆事務長

誓いの言葉 永津裕司会員

0 件のコメント:

コメントを投稿