2017/08/25

8月25日(金)第344回 経営者モーニングセミナー 「お世話になりました~会長を受けて変わったこと~」



                        


8月25日 金曜日

      逗子葉山倫理法人会

 

第344回 経営者モーニングセミナー

           進行 幹事 永津 裕司

 

 

一、朝の挨拶 十七カ条斉唱        

                  相談役 竹田 勇貴





 

 「万人幸福の栞」 輪読  第16条 109頁

一、会長挨拶            会長 平田 全利
 
 

おはようございます
今日も気持ちが良い朝ですね
私たちは毎週万人幸福の栞を輪読しています。
今日は輪読は何故するんだろう?という事を考えてきました。
ハイと受ける事により自ら進んでの積極性を出すや事や、他の人と読むときは心を合わせるなど、輪読でも学ぶことがたくさんあると感じました。
上手い下手は関係ありません。是非実践してみて下さい。
今日は関会長の県会長としての最後の講話です。二年間逗子葉山からの初めての県会長としてほんとうにお疲れ様でした。


一、会員スピーチ    

              副会長 尾崎 典子


 
尾崎典子副会長
4年前に関県会長から魔法の呪文を教えて頂きました。
それはありがとうございます、という言葉です。
乳癌を患った時もその呪文のおかげで大事に至らなかったのではないかと思います。
一身上の都合で退会となりますが、皆様には感謝しかありません。本当に4年間ありがとうございました。
 
 
 
 
 
一、講話 

   「お世話になりました

       ~会長を受けて変わったこと~」      

      神奈川県倫理法人会 

                 会長  関 伸司 様

                     

 
 


本日の講話は、県会長として2年間務められた、関会長の講話でした。
関会長は2009年5月1日に現在の星県幹事長に誘われ、倫理に入会したそうです。
入会後すぐに、逗子葉山の副会長(拭く会長?)になり、MSで朝の挨拶のリーダーをやるようになったそうです。リーダーをやることで、自信につながったとお話をされました。
 その後2年間副会長をされ、その次は単会の会長をされました。病気を患いながらもなんとか会長をやりきり、副地区長に納まっていたところ、突如県会長のお話が舞い込んできたそうです。奥様にも背中を押され、会長に就任し、2年間やりきったと思っているとのことです。
 会長を受けた直後は大変だと感じていたが、大変は自分自身が大きく変わるチャンス。自分の心の在り方次第で、いくらでも変わることが出来ると実感しているそうです。
 自分の心を変え、目標を立てて、クリアしていくことで次第に自信になっていくと倫理のすばらしさをお話されました。
 ありがとうございました。


一、連絡事項     事務長  増井 廣美    





一、誓いの言葉     幹事     冨沢 明雄 

 



2017/08/18

8月18日(金)第343回 経営者モーニングセミナー「儲けるから儲かるへ」


 
 
 
 
 
 
 

8月18日 金曜日
     逗子葉山倫理法人会

 第343回 経営者モーニングセミナー
         進行 幹事 永津 裕司

 
 
 


一、朝の挨拶  十七カ条斉唱       
 

               相談役 竹田 勇貴
 
 
 
 
 

「万人幸福の栞」 輪読  第15条 103頁
 

一、会長挨拶         会長 平田 全利
 
 
 
 
 
 
2週間ぶりのMSで嬉しいですね。今日は大好きな15条でした。
現在甲子園真っ盛りですが、山形中央高校の野球部の礼儀が正しい事で話題になってます。練習の始まりには綺麗な正座でグラウンドに挨拶する。整列もお辞儀もキレイで揃っている。監督いわく、礼を尽くし、相手を思いやる事を教えているそうです。
その姿は企業も研修のため見学に行くそうで、一度何かの機会に見てください。
これは倫理法人会の役員朝礼の信念にも通じるところがあるので、是非MS前に行なっている役員朝礼にも参加して見てください。
 
 
 
 
一、会員スピーチ 専任幹事 中村 達矢
 
 
 
 
 

    

一、講話 

  「儲けるから儲かる

           倫理実践の極意      

  (一社)倫理研究所 

         研修部主席  平尾 勝 様
 
 
 
 
 

本日の講話は、儲けるから、儲かるへと題し、倫理研究所研修部の平尾勝主席にお話をいただきました。
 儲けるには、意思が存在し、儲かるは自然にそうなるという状態であるという違いについてからお話が始まりました。
 ある会社で力を入れて、ある商品を作ったが、発売直前、他社から同じような商品を先に販売され、投資回収がうまくいかなかった例をお話され、儲かるには他力(運)が必須であるとお話されました。
運というのは、「間」であり、間をコントロールする必要があるとのことでした。間をコントロールするためには、感謝を深めることが重要であり、感謝を深めるということは関心を持つこと、知ることだと説かれました。
間をコントロールできる人は良い習慣をもっており、間が悪い人は悪くなるような習慣をもっているとのお話もされました。
上手くいくためには、それなりの理論があるということを再認識し、純粋倫理のすばらしさを改めて感じた講話となりました。
ありがとうございました。

                   

一、連絡事項   事務長  増井 廣美 
 
 
 
 
 
 
  
一、誓いの言葉    幹事   冨沢 明雄 


 

2017/08/04

8月4日(金)第342回 経営者モーニングセミナー 「倫理に出会って得た新たな人生」 



 
 
8月4日 金曜日

      逗子葉山倫理法人会

 

 第342回 経営者モーニングセミナー

           進行 幹事 永津 裕司 

 


 


一、朝の挨拶 十七カ条斉唱        

                  相談役 竹田 勇貴
 
 
 

 「万人幸福の栞」 輪読   第14条 97頁

一、会長挨拶            会長 平田 全利
 
 
 
 
14条の心即太陽はとても大切にしている章です。
会長として、皆さんに元気にを与えられるようにしていきたい。
先日は戸塚の200回に行ってきたが、物凄い活気で、とても勉強にもなった。
是非皆さんも他会のMSにも行って近く頂けたら様々な学びがありますので、是非足を伸ばして下さい。
 

一、会員スピーチ      幹事  冨沢 明雄 



    

一、講話 

   「倫理に出会って得た新たな人生」      

      相模原市倫理法人会 

             副事務長 望月 吉廣 様
 
 
 
 
 
本日の講話は相模原倫理法人会副事務長の望月吉廣さんにお話しをしていただきました。
東京生まれの望月さんは大学を卒業した後、SEや自動車の営業をご経験され、その後お父様が経営される、宝石・時計の販売会社に入社されたそうです。
 お父様から社長を引き継いだ後、経理にもかかわるようになり、勉強のため、あるセミナーに参加されたそうです。そこでの出会いで、成功したいならば、他人の成功を手助けすることだという考え方を得て、またその後の出会いで、人は何度でも生まれ変われるとの考えに触れる機会があったそうです。
 そのようなことがあった後、ある方に倫理法人会に誘われ、入会し、どんどん自分の心が変わっていくことを実感されたそうです。
 心が変わると、ご自身の環境も変わり、仕事の成功に必要な売上や人脈も増え、サービス向上にもつなげることができたとお話されました。
 
 
 
一、連絡事項     専任幹事 中村 達矢    



一、誓いの言葉       幹事    佐藤 晴美