2011/02/25

第28回MS 田島 眞治氏/倫理の実践により家庭・会社が変わる

タイトル:倫理の実践により家庭・会社が変わる
講師:田島 眞治氏/社団法人倫理研究所 法人スーパーバイザー
日時:2011年2月25日(金)6:30~7:30
会場:逗子キングプラザ4F

本日は法人スーパーバイザーの田島眞治氏を講師にお迎えした。田島氏は群馬県倫理法人会及び太田市倫理法人会の相談役でもあり、前日の幹部研修でも講師を務めて頂いた。

田島氏のこれまでの道のりは決して平坦ではなく、多くの苦労と困難を乗り越え現在至っており、その一部をお聞かせいただいた。

以前から人生は神の演劇である、また自分にはサラリーマンは向いていないと常々感じていた、氏は学校卒業後、先輩が始めた会計事務所を手伝うも、そろばん(当時はそろばんによる計算が普通だった)が出来ない事が致命傷となり、2年でその事務所を去る。

農家の長男だった氏は、家業を手伝い始めたが、26歳の時、父親がわずか51歳で心筋梗塞で倒れそのまま即死。27歳で幼なじみと結婚するも嫁姑の不仲から、農家の後継を諦めた。結果、3000坪以上の土地の相続も次男へ。その後、スーパーへ就職するも鮮魚売場に配属され、結局2年で退職。

その後、税理士事務所に就職。32歳の時に税理士試験に合格し、33歳の時に独立開業した。開業後はがむしゃらに働いた。業績は投入した時間に正比例するというランチェスターの法則に従い、元旦以外はすべて朝の9:00~夜の11:30まで働いたと言う。公庫から500万の借り入れをしており、3年間で契約先を100社にするという目標をたて、必死に働いていたが、家庭を顧みる余裕はなかった。当時の奥さんの人身事故をきっかけに口論となり、一年の別居生活を経て、緑色の紙を持って現れた、妻と離婚する事になった。その時自分自身の全てが否定されたような気がして相当落ち込んだそうだ。また、家も新築したばかりで借金だけが残ってしまった。そんな時、やはり農家を継いでおけば良かったのではなかいと後悔のしきりに頭を過ぎったそうだ。

家庭がそのような状況で仕事のほうが上手くいくはずもなく、融資を受けた軍資金も底を尽いた。ボーナスの支払いのために友人を訪ね周り何とか100万円を掻き集めた。そんな時腹部に激痛を覚え、病院に行くと尿管結石と診断され、即入院となった。業績は改善しないが、心とは裏腹に体が動かず、その時は本当に倒産をも覚悟したそうだ。しかし毎日病院から従業員5人へ1人づつに電話をかけ何とか会社を支えて欲しいと頼んだ。従業員の方々をそれに答え、頑張りを見せてくれ難局を乗り切った。幸いにも病気は大事に至らず、短期間で退院する事が出来た。

その後、38歳の時に念願の顧問先100社を達成したが、何か楽しくなく喜びが涌いてこない状態となった。TKCの勉強会でユングの深層心理などを学び、カウンセリングを受けたところ、自己実現力やエネルギーはあるが、愛和が足りず、自己中心的だと言われた。従業員へのヒアリングなども行ってもらった結果、従業員のすべてが田島氏は話を聞いてくれない、わがままで独断的であるという印象を持っていたそうだ。

翌年39歳の時に過去最高の売上を達成し、長女も産まれた。また翌年には法人化も実現した。

そんな時、取引先の社長がA4の緑色の申込用紙を持ってやって来た。それが倫理法人会の申込書だった。当時は朝の4時頃にやって床に就くような状態だったため、入会はしたものの、半年間は一回も参加しなかった。その後、月一回程度参加するようになった時に、倫理研究所の先生の講話を聴く機会があった。その際に大声で、「離婚なんかするやつは人間のクズだ」と言われ、怒りが込み上げて来たそうだ。自分にも言い分はあり、怒りを抑えられず抗議をしようかと考えたほどだった。

その先生曰く、多くの人々の前で結婚という契約をしたにも関わらず、それを破棄した奴など信じられず、商売など出来るはずはないという事らしい。一部極論かも知れないが、確かにその通りである。

その後、その先生に倫理指導を受け、わがままがすべての原因であると気付き、今では毎日自分で定めた20の誓いを毎日実践している。

また、ある方から、家系図を書くと良いと言われて実践した。先祖にはいろいろな性格の人たちがおり、少なからず影響を受けているという事を知ると考えさせられる事が多いそうだ。

人間の人格は1)DNA、2)環境、3)教育によって形成されるそうだ。いろいろな人を見ていると親の影響を多く受けている事を感じるそうだが、1)、2)については自分ではどうにもならない事が多く、3)によって改善できる事が救いであると感じているとの事。

今では単会や県の要職を歴任し、法人スーパーバイザーとして全国を飛び回る田島氏は正に倫理の体現者であるが、その氏が現在に至るこれまでに壮絶な道のりがあった事は驚きを超え、衝撃的でもあった。田島氏が行き着き、反映の礎となっている倫理の素晴らしさを再認識する朝となった。

最後に田島氏の20の誓いを紹介したい。(氏はチェックリストを作成されおり、ご披露頂いた)
大いに参考にさせていただき、自分自身の誓いを作成したいものである。

1)目が覚めたらすぐ起床 2)親・祖先に感謝 3)100人の恩人に感謝 4)妻と子供に挨拶 5)妻を褒める。美点100発見 6)靴を磨く 7)食後の自分の食器洗い 8)自動車に礼 9)社員にありがとうを言う 10)社員に感謝 11)太陽に感謝 12)体の各部に感謝 13)会社の目標を紙書 14)トイレお風呂気付いたら掃除 15)腹筋100回 16)腕立て100回 17)週に2回MS出席 18)真向法 19)読書1時間 20)10秒間ワハハ(※これは皆で実践しました。アニマル浜口さんのアレです。)21)月に一度公衆トイレ掃除 22)月にハガキ50枚書く 23)月に一度先祖墓参 24)週一プール1000M泳ぐ

0 件のコメント:

コメントを投稿