2017/06/23

6月23日(金)第336回 経営者モーニングセミナー 「松下幸之助の経営理念と人材育成」

6月23日 金曜日  
  逗子葉山倫理法人会




第336回 経営者モーニングセミナー
        進行 副事務長 飯島 義隆




朝の挨拶  十七カ条斉唱        幹事 佐藤 晴美



 「万人幸福の栞」 輪読    第8条 59頁
会長挨拶           会長 平田 全利





今日も天気がよくて逗子葉山らしい空ですね。昨日のイブニングセミナーありがとうございました。
会社勤めのころ松下電気さんの工場見学したときの話です。
社員さん方総出で旗を持って出迎えしてくださり、帰るときも朝と同じように整列し最後の最後まで一礼したままで見送っていただいたことに心打たれ、以来このことを実践してきました。
そして様々な場面で役に立ちました。
昨日のイブニングでは25年ぶりにそのことを再認識できました!
これからも続けていきたいです。

会員スピーチ        相談役 竹田 勇貴



昨日のイブニングセミナーにはたくさんの方にお越し頂きありがとうございました。今日初めてモーニングセミナーに来られた方は、みんなで行なっている輪読にきっとビックリされた事でしょう。私も入会して3年くらいは輪読出来ませんでした。でもこの輪読には意味があります。ぜひやってみて下さい。
   
講話  「松下幸之助の経営理念と人材育成」     
松下政経塾 研修局長兼政経研究所長    金子 一也 様




「鳴かぬなら それもなお良し ホトトギス」
素直な気持ちで全てを受け入れる。幸之助の講話を分析すると圧倒的に「素直」という言葉が圧倒的に多い。
社員教育においてもその教えを徹底した。
ライバルの良いところも見つけて、商売でも敵を作らない経営。
経営コンサルタからも反対意見を言う人間を重宝した。
「自修自得」が出来る人間が伸びる。ピラミッド型よりも全員が個人商店が一番強い組織。マニュアルは少ない方がいい。
「万物検証」
全ての事象からまなぶことが出来る。スランプも素直に学ぶ姿勢があれば学ぶことご出来る。
                    
連絡事項    専任幹事 中村 達矢  


誓いの言葉      会員       藤本 嶺

0 件のコメント:

コメントを投稿