2017/06/16

6月16日(金)第335回 経営者モーニングセミナー「海の邪魔ものを地域の特産へ!女性の視点で町おこし!」



6月16日 金曜日    
   逗子葉山倫理法人会

第335回 経営者モーニングセミナー
        進行 副事務長 飯島 義隆



朝の挨拶  十七カ条斉唱       
                    幹事 佐藤 晴美




 「万人幸福の栞」 輪読    第7条 53頁
会長挨拶           会長 平田 全利




朝早くからありがとうございます。
爽やかな逗子葉山の朝でございます。
先週梅雨入りしました。紫陽花が咲き始めましたね〜。紫陽花は土壌づくりで色が変わるのだそうです。どれだけの土を育んでいくのかが大事です。
会の運営、会社の運営もおなじで、どのような土壌、基盤づくりをするかが大事です。


会員スピーチ         幹事 冨沢 明雄


   
23歳と27歳の子供がいます。
子供を持って思った事はかぼちゃとメロンです。
かぼちゃをメロンにしようと思っている人が多いと思いますが、かぼちゃはかぼちゃ。決してメロンにはならないと思えば子育ても楽になるのではないでしょうか。


講話 
 「海の邪魔ものを地域の特産へ!女性の視点で町おこし!」     
       KopiLuwak 代表     隅田 佳代子 様







海の邪魔者を地域の特産物へ!
西武百貨店に新卒で入社し、結婚出産後もキャリアを積んだいった。
その後カフェオープンも視野に入れて小坪に移住。両親も呼び寄せフルタイム勤務。
2002年にカネボウ化粧品に転職。
カフェ開業の準備で資金調達に苦戦するも、母の協力もあり2008開業に漕ぎ着ける。
クロックスの販売、カンパニータグライン、ワークショップ、SNSを活用し事業展開。
2012年にアカモクとの出会い、化粧品会社、北里大学、商工会など様々なご縁から、コスメの開発へ。神奈川新聞などメディアで取り上げられ、注目されるようになった。
これからも、地域に貢献しながら事業を展開していきたい。


連絡事項    相談役  竹田 勇貴  





誓いの言葉      会員       藤本 嶺

0 件のコメント:

コメントを投稿