2010/08/27

第3回MS 早瀬徹氏/人生を変えるタイムマネジメント

タイトル:人生を変えるタイムマネジメント
講師:早瀬徹氏(有限会社ライフネット湘南 代表取締役)
日時:2010年8月27日(金)6:30~7:30
会場:逗子キングプラザ4F

本日はアチーブメント株式会社が主催する日本プロスピーカー協会(JPSA)の会員でもあり、藤沢市湘南台で不動産仲介、保険業の業務を行う有限会社ライフネット湘南の代表取締役、早瀬徹氏を講師にお招きした。


岡山県津山市生まれの早瀬氏は、文教大学情報学部情報システム学科在学中に実家が全焼し、家を建て替えたことがきっかけで不動産業界に興味を持ち、卒業後、不動産仲介業者にて12年間フルコミッションのセールス、セールスマネジャーを経験されたそう。2004年には自らの時間をマネジメントすべく、独立し、有限会社ライフネット湘南を設立し、現在は不動産仲介、保険業務を主な業務としながら、活躍する傍ら、「心と体とお金は健全な使い方を!」を行動指針にかかげ、家庭をもっとも大切にしており、夫婦で子供の学校行事への参加は欠かさず、授業参観、朝のホームルームの子供への読み聞かせ等、家族の為のタイムマネジメントを徹底している正に時間管理の達人。

本日は、セルフカウンセリング、成功ピラミッド、パレートの法則(20%、80%の法則)、プライオリティ・マネジメント、選択理論と刺激反応理論をわかりやすくご説明頂いた。印象に残った言葉は、タイムマネジメントとは、「やりたい事をやるために、やるべき事を効率化すること」だった。時間は全ての者に平等に与えられている。この時間をいかに有効に使うかが、成功の鍵となる事は間違いない。またプライオリティ・マネジメントのお話も印象深い。日々の雑務に追われ、つい後回しになってしまう、第二象限を常に頭において、行動をしていかなくてはならないということを、再認識させられた。早瀬様、ありがとうございました。 

--------------------
第一象限(A)  
重要かつ緊急なこと

・アポイント
・突発的なトラブル
・当面の資金繰り
・今やらなくてはならないこと。
・会社の存続問題になるような事故
--------------------
第一象限(B)
重要だが緊急ではないこと

・見込み客開拓・顧客フォロー
・能力開発 人間関係作り
・商品開発 社員教育
・健康づくり 家族との時間
--------------------
第一象限(B)
重要ではないが緊急なこと

・多くの電話
・突然の来客
・無計画な飲み会
--------------------
第一象限(B)
重要でもなく緊急でもないこと

・くだらない遊び
・だらだらした時間
・意味なくテレビを見る時間
--------------------

【リンク】
有限会社ライフネット湘南
日本プロスピーカー協会(JPSA)

0 件のコメント:

コメントを投稿